• 世界が認める日本ブランド「HARIO(ハリオ)V60」シリーズで、究極のドリップコーヒーを淹れるコツ

    一杯のコーヒーの「質」にとことんこだわる、サードウェーブコーヒー。先日の記事では、ブームを牽引するハンドドリップ用のアイテムとして世界に羽ばたく日本ブランド「HARIO(ハリオ)」の「V60」シリーズの魅力をご紹介いたしました。

    専門店でプロの手によって提供される一杯も素晴らしいですが、ご自分でお好みの一杯を淹れることができたら……。
    というわけで、今回は世界のプロも認める「HARIO V60」シリーズのアイテムを使って、ご自宅で「究極の一杯」を淹れるためのちょっとしたコツをお届けしたいと思います。

    まずは下準備から

    1.お好みのコーヒー豆を用意する

    コーヒーの味を決める一番重要な要素は、新鮮で適切に焙煎されたコーヒー豆です。
    最近では、スーパーなどで売っている焙煎済みのコーヒー豆のパックも種類が豊富ですし、その場でコーヒー豆をお好みの度合いに焙煎して売ってくれるお店(ロースター)も増えてきました。
    一般的に、浅煎りの方が酸味が強い反面、苦味は少なくまろやかな味わい。深煎りになるほど酸味が減り、苦味とコクが強く出ます。お好みの焙煎度具合を知ることで、より自分好みのコーヒーを淹れることができますので、ぜひこだわって選んでみてくださいね。

    2.コーヒー豆を挽く

    mill

    コーヒー豆は細かく挽くほど濃いコーヒーが抽出されると言われていますが、ペーパードリップで淹れる場合は「中挽き」〜「中細挽き」がベスト。目安で言うと、ザラメ糖とグラニュー糖のあいだくらいの粒の大きさです。
    コーヒー豆は挽きたてが一番美味しいので、ご自宅にミルをお持ちの方はコーヒーを淹れる直前に挽いてみてください。ご自宅にミルがないという方や、コーヒー豆を挽く時間がないという方は、すでに挽いてあるコーヒー豆をお使いかと思います。ぜひ、挽き具合だけでも注目して選んでみてください。
    これまでのコーヒーの味がぐっと良くなりますよ!

    3.お湯を沸かし、コーヒーサーバーやカップなどを温めておく

    cup

    意外と忘れがちなステップですが、コーヒーを淹れるお湯を沸かす際に、コーヒーサーバー(ポット)やカップを温める分のお湯も計算に入れて、少し多めに沸かします。コーヒーに合う水質は「軟水」と言われており、日本の水道水はコーヒーに適していると言えます。
    コーヒー1カップ=180mlを目安に、必要な杯数分のお湯+温め分の水道水を沸かしましょう。

    ペーパードリップでコーヒーを淹れるお湯の適温は、80度〜90度くらいと言われています。
    高めの温度で淹れると苦味は強く、酸味は弱く、香りは強くなります。逆に低めの温度で淹れると苦味は弱く、酸味は強く、香りは弱くなります。一般的に、浅煎りから中煎りは温度高め、深煎りは少し低めで淹れると良いとされていますが、温度が低すぎるとコーヒーの旨味を十分に抽出できないので、気をつけたいところです。

    こだわり派の方はサーモメーターできっちりと温度管理をしても良いですが、そこまで……という方がほとんどだと思います。
    当ストアで取り扱い中の「HARIO(ハリオ) V60ドリップケトル・ヴォーノ 1.2L ヘアラインシルバー」なら、お湯を沸かしてそのままドリップに移行できる細口のケトルなので(しかも全ての熱源に対応しております!)、お湯が沸騰して火を止めたらフタを開けて少し待つだけで、抽出に適切な温度にすることができます。お湯は電気ポットなどで沸かすという方は、沸騰したお湯をドリップケトルに移すだけで、だいたい90くらいになります。
    その程度の目安で十分に美味しく淹れられますので、あまりシビアにならなくても大丈夫です。

    いよいよここから、ハンドドリップ開始!

    下準備が済んだら、いよいよコーヒーをドリップしていきます。

    • 挽いたコーヒー粉
    • 計量スプーン
    • ドリッパー
    • ペーパーフィルター
    • コーヒーサーバー
    • ドリップケトル
    • コーヒーカップ

    を用意したら、究極の一杯を目指してハンドドリップに挑みましょう!

    1.ドリッパーにペーパーフィルターをセットする

    paper-filter

    当ストアで取り扱い中の「HARIO(ハリオ) V60 メタルドリッパー 1-4杯用 ヘアラインシルバー」には、同シリーズの「HARIO(ハリオ) V60ペーパーフィルター02 W 酸素漂白 40枚」がぴったりです。
    セットするときのコツとして、ペーパーフィルターの側面を、ギザギザ模様の接着面に沿ってしっかりと折り曲げます。こうすると、ドリッパーの上にペーパーフィルターをセットしたときに浮いたりせず、きちんと密着します。

    2.コーヒー粉を計って入れる

    measure

    コーヒー粉を計ってフィルターに入れ、横に軽く揺すって粉を平らにします。
    1人分の量の目安は、コーヒー粉10g前後に対して、お湯180ml。計量には「HARIO(ハリオ) V60計量スプーン シルバー」がおすすめです。粉を平らにするのは、なるべく均一にコーヒー粉を蒸らすため。すべてのコーヒー粉から均一に旨味を引き出すのが理想的なドリップです。

    コーヒー粉を入れたら、ドリッパーを事前に温めておいたコーヒーサーバーにセットします。
    V60シリーズ専用のドリップサーバー「HARIO(ハリオ) V60レンジサーバー600 クリア」は、耐熱ガラス製で熱湯はもちろん、食洗機の使用も可能。コーヒーが冷めてしまっても電子レンジでの温め直しができるので、使い勝手抜群です。

    3.少量のお湯を注ぎ入れ、コーヒー粉を蒸らす

    drip-coffee

    まずは、コーヒー粉の真ん中からお湯を「置くように」優しくそっと垂らします。
    お湯に触れた粉から炭酸ガスが出始め、徐々に中央から粉が膨らんでくるので、少しずつその周りにお湯を垂らす範囲を広げていきます。粉の膨らみが中央だけでなく、その周りにまで広がり始めます。新鮮な豆なら、ふんわりと膨らみます。

    注ぐお湯の量は多すぎず少なすぎず、常に均一にトロトロと垂らすようにします。
    ペーパーフィルター側の粉の表面にお湯がかかっていなくても、フィルターの際までお湯を垂らす必要はありません。垂らしたお湯は下方だけでなく横にも広がっているので、内部ではしっかりとお湯が浸透しています。20〜30秒ほど蒸らしたら終了です。
    蒸らしの時間は長いほどコーヒーのエキスが濃く出ますが、長すぎると雑味が出てしまうので、ほどほどにしましょう。

    4.淹れたい量までお湯を注ぐ

    hand-drip

    蒸らしでコーヒー粉が十分に膨らんだら、500円玉くらいの膨らみを保つように、内側から外側、外側から内側、というように円を描きながらお湯を注いでいきます。粉が膨らんだら注ぐのをやめ、沈んできたらまた注ぐ、といった具合に常に500円玉くらいの膨らみを維持しながらお湯を注ぎます。
    このときも、フィルターの際まではお湯を注ぎません。コーヒー粉の層がほとんどないところにお湯を注いでも、層を通らずに下に落ちてしまうので、出来上がりのコーヒーが薄まってしまいます。淹れ終わったときに、ペーパーフィルターがなるべく濡れていない状態が理想です。

    必要な量のコーヒーが抽出されたら、フィルター内にお湯が残っていてもドリッパーを外しましょう。
    もったいないようにも感じますが、ドリッパーに注いだお湯を最後まで落としきってしまうと、コーヒーのアクやえぐみまで一緒に落ちてしますので途中で外します。

    5.カップに注いで完成!

    coffee-cup

    抽出したコーヒーは、コーヒーサーバーを軽く揺すって全体の濃度を均一にしてから、事前に温めておいたカップに注ぎます。
    ハンドドリップでの「究極の一杯」の完成です!

    ドリップのテクニックだけでなく、カップにもこだわって

    せっかく淹れた「究極の一杯」。淹れて終わりではなく、カップにもこだわりたいところ。
    タンブラーやマグカップも気軽で良いですが、手間を掛けて淹れたハンドドリップコーヒーには、エレガントで品の良い、白磁器のカップ&ソーサーが似合います。

    PILLIVUYT(ピリヴィッツ) Plisse プリッセ ティーカップ&ソーサー ホワイト
    PILLIVUYT(ピリヴィッツ) Plisse プリッセ ティーカップ&ソーサー ホワイト

    フランス製白磁器「PILLIVUYT(ピリヴィッツ)」社の「Plisse(プリッセ)」シリーズ「ティーカップ&ソーサー」は、ティー・コーヒー兼用で、カップとソーサーに入ったシャープな縦ラインが、シンプルでありながらも単純にプレーンなデザインのものとは一線を画した美しさがあります。来客用としてはもちろんのこと、ご自宅での普段使いでも優雅なひと時を演出します。
    世界のプロも認めるハンドドリップアイテム「HARIO V60」シリーズとご一緒に、ご自宅でのコーヒータイムにいかがでしょう。

    今年、2018年のバレンタインのトレンドは「ペアリング」

    今月中旬のバレンタインデーに向けて、すでにあらゆる有名パティスリーから宝石のように美しい新作チョコレートの数々が発表され、予約が始まっています。本命チョコ、義理チョコ、逆チョコ、友チョコ、自分チョコ……と年々バレンタインデーのチョコレートブームは加速する一方ですが、今年のトレンドはずばり「ペアリング」。それも、これまで度々取り上げられてきたワインやシャンパンとのペアリングではなく、コーヒーとのペアリングが今年風なのだとか。

    今年は話題のパティスリーのチョコレートを、ご自宅で淹れたハンドドリップの「究極の一杯」と一緒にペアリングして召し上がってみてはいかがでしょう。

    HARIO(ハリオ) V60計量スプーン シルバー
    HARIO(ハリオ) V60計量スプーン シルバー

    HARIO(ハリオ) V60ペーパーフィルター02 W 酸素漂白 40枚
    HARIO(ハリオ) V60ペーパーフィルター02 W 酸素漂白 40枚

    HARIO(ハリオ) V60ドリップケトル・ヴォーノ 1.2L ヘアラインシルバー
    HARIO(ハリオ) V60ドリップケトル・ヴォーノ 1.2L ヘアラインシルバー

    HARIO(ハリオ) V60 メタルドリッパー 1-4杯用 ヘアラインシルバー
    HARIO(ハリオ) V60 メタルドリッパー 1-4杯用 ヘアラインシルバー

    HARIO(ハリオ) V60レンジサーバー600 クリア
    HARIO(ハリオ) V60レンジサーバー600 クリア

    PILLIVUYT(ピリヴィッツ) Plisse プリッセ ティーカップ&ソーサー ホワイト
    PILLIVUYT(ピリヴィッツ) Plisse プリッセ ティーカップ&ソーサー ホワイト

    こちらの記事も併せてご覧ください

     

    投稿 世界が認める日本ブランド「HARIO(ハリオ)V60」シリーズで、究極のドリップコーヒーを淹れるコツフードライフデザインブログ に最初に表示されました。